ウエルカムボード

ウエルカムボード

ウエルカムボード

最近ウエディングのパーティー会場でよく見かける「ウエルカムボード」。カップルそれぞれの個性が出ていて素敵ですよね。

 

 

 

これは招待したゲストに「今日、ここで私たちは結婚パーティーをします。みなさま、ようこそいらしてくださいました」というお知らせと感謝の意味を伝える看板です。

 

 

 

二人の似顔絵をモチーフにおしゃれにしたり、二人の写真や絵をたくさんレイアウトしたり、花で飾ったり、グラフィック調でクールな感じにしたり、表現方法は自由です。また受付などによくペアのクマのぬいぐるみが飾ってあるのをご覧になったことはありませんか?花嫁と花婿のスタイルをした二匹のクマは、ウエルカムベアと呼ばれています。

 

 

 

なぜクマのぬいぐるみかというと、「bear」という単語には、「クマ」という意味の他に「実をつける、実らせる、利を生む、子を産む、向かう、進む、困難に耐える」などのたくさんの意味があります。これをbearにかけて、これからふたりで新しい道を進んでいくカップルを祝福するものとしたのが由来とも言われています。

 

 

 

欧米の結婚式ではゲストがさまざまなプレゼントを持ち寄ります。その中にまじっていた手作りテディベアのカップルがいつしか花嫁と花婿を象徴するものとなり、ウエルカムベアが広まったという説も。ちなみに「テディベア」の「テディ」はアメリカの大統領セオドア・ルーズベルトの愛称からきたとか。

 

 

 

今ではクマにこだわらず、二人が好きな動物、例えばネコやゾウ、うさぎやネズミなどのぬいぐるみを飾るウエルカムドールも人気が高いようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ