しあわせのおまじない

しあわせのおまじない

しあわせのおまじない

ヨーロッパから広まった言い伝えサムシング・フォー(SOMETHING FOUR)これは結婚式の当日、花嫁が身に付けると永遠に幸せになれるという4つのものを示しています。

 

 

 

@サムシング・ブルー/ 青いもの。ヨーロッパでは、ブルーは神様と心を通じあわせる神聖な色。青い花のブーケや青いリボンを取り入れたりします。

 

 

 

Aサムシング・ニュー/新しいもの。けがれのない新しいものを身につけて、旅立つ新たな気持ちを表します。新調したドレスやアクセサリーを新しく買ったりします。

 

 

 

Bサムシング・オールド/古いもの。幸せな家庭が築けるようにと、お母さんが愛用したベールやネックレス、イヤリングなど古いものを娘に託します。

 

 

 

Cサムシング・ボロウド/借りもの。裕福な隣人や親戚でからコインなどを借りて、あやかれるようと身につけます。このように二人の愛をより尊いものにする意味合いのものが結婚にはたくさんあります。花婿が胸に挿すブーケは、もともとフランス語ブートニア(BOUTONNIERE)から由来していてボタンホールを意味しています。花婿がプロポーズに贈った花束から花嫁が一輪取って、承知しましたという印に花婿の襟のボタンホールに挿したことに由来しているとか。

 

 

 

婚約指輪には、花嫁の誕生石をあしらったものが良いと言われています。それは誕生石が幸せに嫉妬する悪魔から身を守ってくれるという言い伝えがあるから。結婚指輪を左手の薬指にはめるのは、心臓から左手の薬指にかけて、血管がまっすぐにつながっていると信じていた頃、指輪にこめた愛がより早くハートに届きますようにという祈りがこめられているからなんだそうです。幸せになるおまじない、あなたは信じますか?


ホーム RSS購読 サイトマップ