レイに込められたアロハスピリット

レイに込められたアロハスピリット

レイに込められたアロハスピリット

ハワイに訪れると歓迎の意味を込めて首にかけられるレイ。この花飾りの意味をご存知の方はいますか?ハワイにはもともと自然を神として崇め、山のもの、海のもの、その自然の一つひとつに霊が宿るとされています。

 

 

 

植物の葉、花、種、木の実、鳥の羽、貝殻など自然のものから作られたレイは、“お守り”や“魔除け”として使われていたそうです。それが今では結婚、卒業、誕生日の時など、祝福の気持をこめてレイを贈るようになり、空港でかけてもらうように「ようこそ!」の歓迎の意をこめてレイを贈ったりと、愛情表現のひとつとして使われるようになりました。レイにもさまざまな意味があります。

 

 

 

イリマ・レイは、オアフ島の州花イリマを使ったもので、昔は「王族のレイ」と呼ばれ、上流階級の間で伝統的な贈り物として親しまれていたとか。その花びらを口に含むと、きれいな女の子が生まれるという言い伝えもあるそうです。オーキッド・レイは、ハワイで最もポピュラーなレイの一つ。

 

 

 

中でも白いオーキッドは、結婚式でよく使われ、白のダブルスタイルが花婿や花嫁の母親、白のシングルスタイルはウエディングの介添え役の人たちが身につけます。ピカケ・レイは、リリウオカラニ女王の姪であるプリンセス・カイウラニが一番好きだった花。

 

 

 

本数によって意味があり、1〜2本で「友情」、 3〜4本で「ロマンス」、5〜6本で「愛しています」、6本以上になると「プロポーズ」の意味になるそうです。新婦のレイとして有名です。

 

 

 

レイの中でも、マイレ・レイは特別なもので平和を約束する証。結婚式では新郎と新婦の手をこのレイで結び、"神聖なる結びつき"を表現するそうです。花に彩られた聖なるウエディングにレイは欠かせません。


ホーム RSS購読 サイトマップ